Developers Summit 2019メモ

Developers Summit 2019メモ

02/14
10:00~10:45 【14-A-1】
一生エンジニアを楽しもう?夢中が最高!!

●どうやって楽しく働き続けるか
 ・記憶力は年をとっても低下しない
  ・低下するのは忍耐力
  ・劣化するのは前頭葉
   ・前頭葉が劣化しやすい環境
   ・ネガティブワード
   ・自分で考えない、受け身、単純作業(いいからやれー!)
 ・どうしたら成長するのか
  ・没頭すること
   ・ドMで変態(褒め言葉)
  ・外的インセンティブは古い(継続を阻害する)
 ・どうしたら楽しくなるのか、没頭できるのか
  ・心より体が偉い(心はだませる)
  ・楽しいから笑う、笑うから楽しい
  ・モチベーションが高いからやる、行動するからモチベーションがわく
 ・楽しんで働く人はひきつけあう
  ・そこにネットワークが生まれ、面白い仕事が回る
★面白そうと思ったら、すぐにやる


02/14 11:05~11:50 【14-A-2】
GitHub Actionsはどのような未来を描くのか : コンテナ技術が開くワークフローのOSS

●モジュール化され交換可能なパイプライン
 ・ActionはDockerfileで定義
 ・Actionが動作するDockerホスト提供
 ・ワークフローもコード、GUIからでも、直編集でもOK
 ・ワークフローもGitで管理、プルリク
 ・Actionはコミュニティの力で充実させていく目論見
 ・Git系イベントトリガー20以上


02/14 14:10~14:55 【14-C-5】
入社半年での開発ストーリー - 千人規模の顔認証受付サービスを1ヶ月で作った話
 ・体系的な教育と実践
 ・Amazonは全員リーダー、行動規範
 ・プレスリリースとFAQから始める、磨いていく
 ・画像解析のAPI 写真一枚で91%の精度
 ・APIコール、ネットワーク依存だが0.5秒でレス
 ・セキュリティ最優先
  ・データやリソースを消す所まで設計
 ・チームで活動


02/14 15:15~16:00 【14-C-6】
パケットの気持ちになってみよう -クラウドを支えるネットワーク-
 ・クラウドとはネットワークだ?(必ず含まれる要素)

 


02/14 17:25~18:10 【14-C-8】
みんなの暮らしを支えるAmazon S3の裏側、お伝えします
 ・システムの中心にオブジェクトストレージ
 ・プレフィックスによる工夫は、9割必要ない(十分早い)
 ・多くの場合、パフォーマンスはネットワークに依存
 ・最初は8個のマイクロサービスだった。今は200オーバー


02/14 12:10~12:40 【14-E-3】
セキュリティ・テストの自動化によるDevSecOpsの実現 (デモ有)
 ・静的解析と動的テストは、以前からあった
 ・ビルド後の、コンパイル後のテストも続的にできるように
 ・アプリ内に1行追記、セキュリティエージェント(Jar)を呼ぶ
 ・実際にアプリから、脆弱性を確認できる動作を試す(送り込む)
 ・逆コンパイルできる言語であれば、どの行に問題があるかも特定してくれる
 ・アプリがコールするモジュールを把握できる
 ・ランタイムの脆弱性確認も可能


02/14 13:05~13:50 【14-E-4】
ブロックチェーンでエコシステムはどう変わるのか - コミュニティのこれまでとこれからを徹底議論!
ブロックチェーン関連で競合は発生しているが、お互いに協力してる
 ・そもそも業界自体が、まだ弱い、法律を変えるなど協力する要素あり
・イーサリウムがやっぱり強い
ブロックチェーン総合格闘技
 ・経済と技術と法律と・・・
 ・データとネットワークと暗号化と・・・
・日本は仮想通貨を買う国として見られている
・全体的にまだグッチャグチャ


02/14 16:20~17:05 【14-E-7】
カオス化した組織とエンタープライズシステム群を、モダン化したい!ノンIT企業のシステム企画開発を、ドメイン駆動型に組織ごと変えるまでの道のり
 ・人を増やす、シンプルだが凄い
 ・プロセス中心では、プロセス間が切り離されすぎる、顧客体験の話は出てこない
 ・顧客を軸にした組織(ドメイン)と、横ぐしのバーチャル組織(ギルド)
 ・注力ドメインとそうでないドメインの差別化が可能
 ・未来を見据え、すぐに始める


?02/15 12:10~12:40 【15-A-3】 モンスターストライクにおける負荷対策 ~エンジニアリングチームの挑戦~
・そもそも全部API
APIはバラバラ作られがち、サービスが進化していくなかで、全体先的の視点が入りにくい
・改善時は、みんな巻き込む
 ・apiの統合
 ・n+1問題
・構成
 ・キャッシュ
 ・DBシャーディング
 ・オンプレ、マルチクラウド
 ・ピーク時は26000コアまでスケール


02/15 14:10~14:55 【15-A-5】
ゲーミフィケーションエバンジェリストが説く、アプリ開発で見落としがちな「おもてなし」とは~面白さを伝える × 面白く魅せる~
●価値を正しく理解し、ユーザーをもてなし、価値に到達させること
●課題、報酬、交流
 ・ファースとキャッチ 160秒で価値があると思わせる
 ・知識レベル、ペルソナ名を主語に会話する
 ・ゴールを二つ
  ・ファーストゴール(受動的) 動画とか
  ・ミドルゴール(能動的) 指示してはいけない
 ・体験してもらう、相手に判断させる
●ユーザに近い要素が大切


02/15 11:05~11:50 【15-C-2】 デベロッパーのためのAzureクラウドネイティブスタック ? 提供したい価値からはじめる高速+高可用+高付加価値ソリューション
observabilityのための管理運用複雑化問題
 ・ステートフルコンテナを扱う対応も進んでいる
 ・nodeを意識しない世界になっていく?


02/15 10:00~10:45 【15-D-1】 プロダクトマネージャーという生き方
ビジネス側とプロダクト側
●同列の仲間
 ・PMは、ビジネスやSEの上位職ではない
 ・機能があることで手間が増えることはあってはいけない
 ・傾聴
●PMの特徴
 ・この人と働きたいと思われること
 ・やらない判断が出来ること
 ・PMとは違い、継続的なサイクル
●立ち位置が近い、権限が違うのは何故か?


02/15 13:05~13:50 【15-E-4】
中国・深センのテクノロジー最新事情
 ・紙幣は信用できない
 ・電車がQR
 ・仕事でもメールはしない、WeChat
 ・若い人しかいない、年寄りは来れないともいう
 ・国を挙げた出島戦略?
 ・6ドルでスマホオープンソースのHW設計書


02/15 16:20~17:05 【15-E-7】
セキュアな環境でDevOpsを実現する厳選ツール
・Dev以外もGitを使う(バイナリ管理)


02/15 17:25~18:25 【15-E-8】
・アウトプットのススメ ~技術同人誌・LT登壇・Podcast
・小さく始める
・仲間を作る、楽しむ、続く、成長する


02/15 15:15~16:00 【15-C-6】
「仕事なんか楽しいはずないやん」に反発し「ええと思うなら、やったらよろしいやん」を胸に歩んできた話
・自分でハンドルを握る
・アウトプットより、アウトカム(どんな価値を与えたか)に着目する


全体
なんで世の中のプラクティスを使わないのか、使えないのか
なぜ行動規範がないのか
なぜ決定権がないのか
組織の枠を超える方法

https://speakerdeck.com/hirokidaichi/2tufalsedxtoji-shu-de-fu-zhai-yapc-tokyo-2019?slide=59
https://speakerdeck.com/kdmsnr/modern-engineering-education-at-university?slide=2
https://speakerdeck.com/araitakeshi/kaizenziyanikarajian-tukatutaxin-tanafuntoqian-jin-hefalselu-lu