認知とコミュニケーションのコスト

●良い文書とは

読み手に負荷をかけずに

読んだ誰もが同じ理解をできるもの

らしい

認知が歪まないやつ

 

●余計な事が書いてない

書いてあると読み手にコストがかかる

意図を深読みされる場合もある

ノイズが無いのが望ましい

参考は別出しにする

 

●必要な事が書いてある

ロジックに抜けがない

疑う必要がない

根拠がある

エビデンスが重要

 なんちゃら省の資料、論文、サーベイ、事例

 突き詰めれば怪しいけど、うまく使う

 自分で試すのが、低コストな場合もある

 

 

●余計な事・必要な事を見極めるには

文書を書く目的を、見極めないといけない

読んだ人がどうなって欲しいのか、イメージ出来ないと投げっぱなしになる

読み手のリソースを使うことになる

 

必ずしもそれは悪いことでは無いが、認識はしといたほうがいい

依頼と相談の境目がわかってないと、

また読み手の認知コストがあがる

 

報告か、相談か、依頼か、境目が明確だと

認知コストを減らせる

 

●良い文書を書くのが目的化すると良くない

目的を果たすほうが大事

世の中の変化が激しいので、不確実な事は多い

不確定な事を効率よく減らすのが重要

読み手のコストを気にしすぎると、文章を書く目的を満たさなくなるかも

まとまらないときは、ごめんと言って読んで・聞いて貰えば良い

それができる関係性造りも大事

 

●目的に向かうツールとして

文書を書くと自身の認知の助けになったりする

  思う、かも、おそらく、たぶん、大体、、

リスクとして受容できるならする

出来ないなら確認する

感覚的には、試すのが早い事が多い

 

 

●依頼は特に注意したい

相手に意思決定を依頼するということは

責任を相手に渡すことになる

 

会社においては

主に上司向けのコミュニケーションだが

個人的には、なるべくやらないほうが良いと思う

(許可を求めるな謝罪せよ)

 

プロの仕事を責任を持って成果を出すもの、とすると

責任は過度に渡さないほうが良い

自身の無価値を証明しに行ってる

 

詳細な値まで見てもらっているなら、

徐々に判断基準を見てもらうように寄せていく

 

責任を果たせるか心配な場合は、相談をすると良い

事実、見解、願望を分けて、それぞれ持っていく

 

適切な権限委譲は、最高に認知コストを落とせる

だってやらなくていいんだもん

プロなら双方渡せる・受けられるように努力する

権限委譲のレベルはグラデーション

関係性や活動の質にもよる

デリゲーションポーカー楽しそう

 

そんなにすぐにできることではない

後からズレてくることもある

1 on 1の必要性はこの辺か

 

 

●情報の公開範囲

伝達の手段によって、暗黙的に決まる部分がある

伝達手段を適切に選べない人もいる

公開範囲、アクセス権を適切に設定するのは難しい

  SNS慣れしてる、特に失敗例を見ている人はリテラシー高い気がする

  怖いものとして触らないでいる人はヤバイイメージがある

 

メール利用者は多いか、公開範囲はどこか

宛先に入っている人は分かりやすい

転送は良いのか

受け手の判断となる

実はコストがかかる

 

情報格差

格差があると、コミュニケーションコストが高くなる

差を埋めないといけない

認知できる範囲に限界はあるので、知っている量を増やすのは限界がある

情報を、必要な時に、必要なだけ、低いコストで入手したい

情報を入手するコストは下げておきたい

利害関係が一致する範囲では、なるべくオープンにしておいたほうが良い

 

●利害関係と情報公開の範囲

アメリカと中国の間で、情報がフルオープンにはならないだろう

競合の会社も難しさがある

 

でも、同じ会社の中で、クローズにするのは何故なのか

利害関係が一致しないのか

セキュリティ規定が、過度に残念な人向けなのか

 

 

●利害を揃える

インセンティブを揃えないといけない

受発注の関係は厳しい

視座をあげないと揃わない

 

極端すぎるが、宇宙人攻めてきたら、

地球団結できるかも知らん

日本ヤバいんだから頑張ろう